財布についてもリスク・マネージメントが必要

私が札入れと小銭入れ、それにカード入れを別々にしている理由は、
「安全」のためでもあるんです。

 

財布って、やはりすられたり、失くしたり、することがあるわけですよね。

 

こないだも友人が、財布を失くしたんですが、友人はすべてをひとつの財布に入れていて、
それを失くしてしまったので、大変な騒ぎでした。

 

特に友人は、財布に免許証とか、保険証とかも入れていたわけなんですよ。
ところがお金と一緒に免許証や保険証を入れておくと、
失くしたとき、出てこないことが多いんですよね。

 

いやもちろん、良心的な人が拾ってくれれば、
お財布をまるごと警察に届けてくれることにはなるわけです。

 

でもお財布にお金が入っていると、そのお金を抜き取ってしまう人もいるわけですよね。

 

そうすると、それを警察に届けると、自分がお金を抜き取ったことがバレてしまう。
そこでお財布は、そのへんのゴミ箱にでも捨ててしまうことになるわけですよ。

 

クレジットカードやキャッシュカードだけならば、とりあえず止めればいいし、
再発行もそれほど大変ではありません。

 

どちらも電話一本で、できたりすることが多いですよね。

 

ところが免許証とか保険証が入っていると、そういうわけにはいきません。

 

まず悪用の心配がありますよね。
特に保険証には写真がついていませんから、だれでも悪用できる可能性がある。

 

いやもちろん、それで病院へ行くということは、さすがにしないとは思いますが、
身分証明書として、保険証は使えたりするわけじゃないですか。

 

それを失くしてしまうと、やはりけっこう心配ですよね。

 

それに免許証も保険証も、再発行にかなりの手間がかかる。
書類を取り寄せたり、警察やお役所へ行ったりしないといけないことになる。

 

だからお財布に何でもかんでも入れておくと、一旦それを失くしたとき、
被害が大きくなるというわけなんですね。

 

分散しておけば被害は少なくなる

 

しかしそれを、分散しておけば、被害は少なくなるわけです。
札入れと小銭入れ、それにカード入れ・・・。
この3つを3つとも一度にすられたり、失くしたりという可能性は、かなり少ないですよね。

 

例えばもし札入れを失くしたとしても、免許証や保険証はカード入れに入れ別にしておけば、
再発行の面倒な手続きも必要ありません。

 

また札入れがなくても、小銭入れが残っていて、そこにいくらかお金が入っていれば、
電車賃くらいはそこから出せるわけじゃないですか。

 

またカード入れに免許証や保険証を入れておけば、
それを落とした場合でもお金が入っていませんから、
心ある人が届けてくれる可能性が高まることになる。

 

いいことづくめなんですよ。
リスク・マネージメントは、やはり誰にとっても必要な物だと思うんですよ。

 

仕事上だけでなく、生活でもリスク・マネージメントすることが、必要なのではないでしょうか。